われわれ一般人が税理士に依頼できる事柄の範囲

>

税理士にお願いすることができるのはどんなことなのか

税に関するすべてのことを任せるのが税理士

税理士には税に関するすべてのことが相談できるスペシャリストなので、普段からの税金対策や節税、経営に関するアドバイスも受けられるのでちょっとした規模の経営をしている人は顧問としてお願いしている人も多いですね。
あと金融機関に融資の申し込みをしたいとか複式簿記でしっかりと帳簿をつけて青色申告をしたいなどの経営の実務に関することも税理士には相談できるので、面倒に感じることなくどんどん利用するとよいでしょう。
あと売り上げが1000万を超えて消費税の納税義務者になったなど、自分の事業の規模が大きくなったときには税理士の出番といってよいでしょう。
さらに将来的に法人化を考えるようなところまで事業が大きくなったら当然のように税理士を迎えなくてはいけません。

税理士は税理士しかできない独占業務がある

そして税理士は国家資格なので税理士にしかできない仕事というのが存在します。
これを独占業務といい税理士以外の人間はできない業務になっています。
たとえば納税者の代わりに税金の申請業務を行う税務代理、これが一番われわれにとっては身近な業務でしょう。
次に税金の申請に係る書類の実際の作成業務、これも税理士にしかできない業務になります。
そして一番税理士の仕事として多いのが申告がいくらになるかとか、これは申告しなくてはいけないものかなどの税務相談、以上の3つが税理士にしかできない独占業務といわれています。
またお金に関するスペシャリストである税理士には起業の相談や経営に関するアドバイス、さらに資金調達の支援など経営者には助かるサポートをしてくれますので税理士をもっと身近に感じて利用しましょう。


この記事をシェアする