われわれ一般人が税理士に依頼できる事柄の範囲

>

もし法律関係の問題や手続きをすることが発生した時に

しかしどうしても面倒な税金の手続き

分かってはいてもいざ税金の申告や手続きなどを自分でするとなるとどうしても面倒に感じてしまい、つい先延ばしにして税務署から叱られてしまってひやりとした経験のある人は多いのではないでしょうか。
悪いことをしているわけではないのですがどうしてもあの膨大な書類の数々を想像するとつい後回しにしてしまった人も少なくないと思います。
しかし税金は納税が国民の義務なのでどうしてもしなくてはなりません。
思い足を引きずって税務署へ書類を出しに通っている人のなんと多いことでしょう。
それでも税金は容赦なく払わない限りは追いかけてきますのでどこまで逃げても税務署は追ってきます。
そして払わないと脱税という事になりもっと多額の税金を追徴で取られることになるのです。

確定申告など税理士の力を借りることになる

特に面倒に感じている人は個人事業主の方々などで、毎年の確定申告は最も面倒な手続きの部類に入るでしょう。
経費の使い道から経営状況、儲けた分と支出になった分を税金と分けて申告して届けなくてはいけないあの確定申告です。
しかしこういったときに費用はかかりますが申請の強い味方になってくれる人がいます。
それは税理士さんの存在で、確定申告のあの面倒な作業を手助けしてくれます。
ほかにも税金対策やいろいろな税に関する相談や節税や経営に関することまで税に関する事なら何でも相談できるのが税理士さんの仕事です。
数ある法律家の中でも身近な存在に比較的なるのではないでしょうか。
とくに税理士さんは数字のプロなので利益をもっと上げるにはどうしたらよいかなどの経営そのものに対しての相談も可能なので役に立つ存在です。


この記事をシェアする