われわれ一般人が税理士に依頼できる事柄の範囲

>

われわれ一般人が個人として税理士に依頼できるのはこんなこと

普段はほとんど気にならない法律の存在

普段暮らしていると全く気にして生活している人がいないのに無いと世の中が成り立たないものに法律の存在があります。
普段法律のお世話になる人はよほどのことがない限りほぼ見当たらないのではないかと思いますし、実際にそういった目にあうのも例がないと思います。
しかし法律があるおかげで私たちの生活はしっかりと守られており安全に毎日暮らすことができるのです。
ですが一部の人にとっては毎年お世話になる人もいますし、面倒だけども役所で手続きしなくてはならない人も数多くいます。
税金問題を抱えている人や申告を毎年しなくてはいけない人たちにとっては法律は非常に身近なものでしょう。
このように法律は身の安全を守るばかりではなく社会で暮らしていくうえでの決まりにもなっているので決して縁のないものではないのです。

しかし法律の存在で守られている私たち

現在の我々は法律によって守られており、それは身の安全や学校へ行ったり就職したり投票したりという権利もあり規律を保って世の中を維持していくための手立てであったりというものを保証してくれるのが法律の役目といえます。
ただ生活しているうえで一番われわれの身に近い存在で誰もがお世話になるのが税金の問題でしょうか。
財産を相続したり、住民税や国に納める税金を納税したり自分で事業を営んでいる人は確定申告をして税金を払ったり、家を持っている人は固定資産税を毎年払ったり、税金はその住んでいる国を運営していくために大切なものであり重要なものでもあります。
この税金に関する事柄に関しては普段法律を意識していない我々も身近に感じる部分なのではないかと感じます。


この記事をシェアする